業務日誌的に

このサイトではどんな施工を行ったのかを書いていきたいと思います。

今回はマンションの玄関ドアの鍵交換でした。
マンションの建物自体は築25年以上経っているようなものでした。
玄関ドアに使われていたのは現在製造が終わっている美和ロックのサムラッチ錠と呼ばれるものです。

このサムラッチ錠は「蔵王」というシリーズです。外側にサムハンドルという親指で押しながら開けるタイプのハンドルがついており、内側には面付箱錠レバーハンドルがついています。

サムラッチ錠のなかでもフラッシュドア用の装飾錠です。

主流だった当時は資産運用型のアパートなどでよく使われていました。

現在では製造がストップしている商品ですのであまり見かけることもなくなってきています。
長く使っているとどうしてもサムピース部分が壊れたり、面付箱錠のらっちやカンヌキが壊れてしまうことがあります。
壊れると部品がないので交換に困ってしまいます。

うちの鍵屋ではサムラッチ錠の代替品に交換したり、同系色の玄関ドアを用意してまるごとリフォームするかを提案しています。

今回のお客さんは防犯性能の高い鍵に交換したいという要望もあったのでシリンダー部分を交換することにしました。

装飾の金属部分も色が剥げたりして見た目が悪くなっていたのでそれを綺麗にみがいてぴかぴかにし、可動部分には専用の潤滑剤を注ぎます。
錠前がきれいになったら防犯性能の高いロイヤルガーディアンというシリンダーに交換させていただきました。

最後にサムターンに防犯カバーを取り付けて終了です。

 

おすすめのサイト★

防犯対策や鍵のトラブルでお困りでしたら新宿の鍵屋鍵猿へ